キャリア選択

在宅でできる副業にウェブライターはオススメ!働き方と魅力をご紹介

あなたはウェブライターという職業をご存じですか?
SNSやネット環境が発展している現代において、ウェブライターという職業を耳にする機会もあるかもしれませんね( ・∇・)

最近ではコロナウイルスの影響で多くの方が仕事や働き方を見つめ直すようになりました。
特に本業での収入に不安のある方々からは、「何かスキルを身につけて副業をしたい!」という方も多いことでしょう。

そんな声にお応えできるのが、ウェブライターとして副業をすることです!
多くの人が気軽に始められて即金性もあるという、まさに副業に適した職であるといえるでしょう(*´∀`*)
しかも在宅でパソコンとネット環境さえあればできるもの!

この記事では、そんなウェブライターとしての働き方から、副業としての魅力やメリットをお伝えしていきます。

 

ウェブライターの働き方

まずはウェブライターとしての働き方について、ご紹介していきます。
働き方は大きく分けて「企業専属のウェブライター」と「フリーランスのウェブライター」の2種類に分かれます。

 

企業専属のウェブライター

こちらの働き方は、一般的な「会社員としての働き方」になります。
企業と雇用契約を結び、社員なりアルバイトなりで決まった時間に出勤して働くというスタイルです。

社員として勤めるのであれば、収入は平均的な会社員と同程度になります。

 

フリーランスのウェブライター

副業ウェブライターとして働く多くの方が、こちらのフリーランスとして働くパターンになります。

仕事はどうやって受注するのかというと、今は様々なルートで仕事をいただくことができます♪( ´▽`)
例えば

  • クラウドソーシングサイト(クラウドワークスやランサーズなど)
  • SNS(Twitterに多い)
  • 知り合いから紹介してもらう
  • 企業に直接営業する(実績がある人の場合)

などがあります!
(ちなみに上から簡単な順に並べました)

収入の安定性はありませんが、
好きな時間に好きな場所で働けて、実力によっては会社員以上の収入を得られること魅力の働き方ですね\(^o^)/

 

在宅でできる副業としての、ウェブライターの魅力

在宅副業でウェブライターをする魅力はたくさんありますが、
ここでは大きく2つご紹介したいと思います( ^ω^ )

 

多くの方が在宅副業として始めやすい

働きやすさの環境でいえば、ウェブライターは文句なしの環境でしょう。
アルバイトによくある年齢制限もなく(ただしクラウドソーシングサイトの多くは18歳以上)、頭髪や服装も自由です。
パソコンを持っていて最低限のネット知識があれば、どんな職業・性別の方でも働くことが可能です♪( ´▽`)

特に子育て中のママさんや、介護が必要な両親をお持ちの方にとっては、「なかなか勤め先がない」という点で悩まれている方が多いです。
ですがウェブライターは在宅かつ好きな時間にできるため、お子さんやご両親の面倒を見ながらでも仕事ができます(*´∀`*)

学生さんであれば「空きコマの90分」や「家に帰ってからバイトまでの1時間」などでお金が稼げます。
空き時間を使ってどこでも仕事ができる点もありがたいですね( ´ ▽ ` )

  • 準備に必要な時間やものが少ない
  • 年齢や性別関係なく働ける
  • 好きな時間・好きな場所で仕事ができる

これらは在宅副業の手段としては、とても大きな魅力ではないでしょうか。

 

特殊なスキルがいらない

ウェブライターはなんといっても在宅副業としての始めやすさが圧倒的な魅力ですね\(^o^)/
誤解を恐れずにいうと、「パソコンで文字が打てる人なら誰でもできる仕事」になります。(向き不向きはありますが)

エンジニアやデザイナーなどは、スキルを身につけるまでにある程度の学習時間が必要となります。
一方で多くの副業ウェブライターは、クラウドソーシングサービスを使って仕事を探す方が多いです。
ここで探せる仕事には100字程度の初心者向け案件から電子書籍出版のようなプロレベル案件まで、自分の経験や実力にあった案件を選ぶことができるのです(*゚▽゚*)

 

ウェブライターに向いている人

ここまでウェブライターの仕事や魅力について解説してきましたが、
「自分に適性があるか不安‥」いう人も多いと思います。

どんな仕事にも向き不向きはあります。
ウェブライターにおいても、クライアントの意向を理解し文章にまとめるということに多少の向き不向きはあるでしょう。

そこでこの章では、ウェブライターに向いている人について解説していきます。

 

文章を書くのが苦痛でない人

ウェブライターに向いているのは「文章を書くのが苦痛でない人」です。
ただし好きである必要は決してありません。

せっかく副業の選択肢はたくさんあるのですから、もしウェブライターの仕事が苦痛だという人は無理に続ける必要もありません
そのため文章を書くのが苦痛という場合は、なかなか続けるのが難しいでしょう。
特に在宅で副業をする場合は、嫌いな仕事ではなおさら成果は出しにくくなります( ;∀;)

逆に文章を書くのがそこまで得意でなくても、苦痛を感じることが少ないならば、
繰り返し記事を書くことでライターとしての技術は確実に上がっていきます。
文章を書くことに楽しさややりがいを見いだせる人にとって、ウェブライターはうってつけの仕事です(*´∀`*)

 

1人でも淡々と作業できる人

ウェブライターの仕事は以下の手順が一般的です。

⑴:クライアントからの指示を確認する
⑵:どういう記事を書けばいいのか競合サイトを調べる
(リサーチ)
⑶:記事の構成を考える
⑷:記事を執筆する
(場合によっては編集まですることも)

これらの仕事は、基本的にすべて自分1人で行うのが基本です。
なのでグループや誰かと一緒に仕事をするのがやりがいという人に、ウェブライターの仕事はしんどいかもしれません。
ある程度の自制心を持って、淡々と作業できる人が向いています♪( ´▽`)

 

分析や研究気質のある人

よい記事を書くためには相手、つまり読者がどんな情報を欲しているのか見極めることも重要です。
どんな人がこの記事を読んで、相手が何を知りたいのかが分からなければ、相手の心をつかむことはできません。

ウェブライターには、

  • 分からないことを調べて正しい情報を記載する
  • クライアントの意向を汲みとった記事が書ける
  • その記事がどの程度読まれているのかを確認する
  • 読まれていない場合は、何を改善したらいいか考える

といった、ある種研究者的な気質も求められます(=゚ω゚)ノ
「知識を適切な形で文章にできるかどうか」でライターの価値が決まります。
ただ文章を書くだけでは、報酬の安い仕事しかこず、稼ぐことは難しいでしょう。

広大なネット上で多くの人の目に触れる文章を書くのには工夫が必要です。
「人々がどのような知識を必要としているか」に加えて「どうしたら必要としている人たちの元に知識が届くのか」を分析することが求められます。

ウェブライターは実力次第で大きく稼げる仕事ですから、分析を重ね仕事をこなしていく姿勢が大事です。
物事を分析する作業が好き(苦痛でなければ十分OK)な人は向いているでしょう。

 

おわりに

以上「在宅でできる副業にウェブライターはオススメ!働き方と魅力をご紹介」の記事でした!

この記事では、

  • ウェブライターの働き方
  • 在宅での副業にウェブライターが魅力な理由
  • ウェブライターに向いている人

についてまとめました!
これから在宅でできる副業をしたいという方の参考になれば幸いです(*´∀`*)

 

もし「在宅でできる副業をしたいけど、ウェブライターについてもう少し詳しく話を聞きたい‥( ;∀;)」
という方は、名古屋市千種区(今池・池下)にあなたの副業をサポートするコワーキングスペース「コンパスルーム」があります(^^)

こちらに遊びに行くと、

  • 実際にフリーランスとして働くウェブライターからお話を聴ける
  • コワーキングスペースなので、集中して仕事や副業に取り組める
  • 実際に副業ウェブライターとして仕事を受注できるまでのサポートもしてもらえる!

といったメリットがあります!

興味のある方はぜひ1度遊びに行ってみてください(*´∀`*)
「コンパスルーム」の詳細はこちら!

お問い合わせは以下のLINE公式アカウントからお願いいたします!

友だち追加

また副業支援をしているコワーキングスペースのため、企業様からWebライターのお仕事案件も募集しております♪( ´▽`)
ご依頼がございましたら、以下のお問い合わせフォームよりお願いいたします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/