学生生活・アルバイト

社会人に役立つ第二外国語おすすめ!それぞれの特徴とメリットまとめ

英語は多くの方が中学・高校生活の中で学んでこられたと思いますが、
大学に入ると多くの学部で「第二外国語」というものが存在します( ・∇・)

第二外国語とは、一般的に英語以外のすべての言語を表します。
一部の大学によってはこの第二外国語が存在しないこともありますが、多くの学部では英語ともう一つの第二外国語の計2科目の単位を取ることが多いでしょう♪( ´▽`)

ただ第二外国語はほとんどの大学生にとって完全に1から学ぶもの。
最初にどの言語を学ぶか選択しろと言われても、きっと困惑することでしょう( ̄∇ ̄)

そこでこの記事では、日本の大学でよく履修科目としてあがりやすく、かつ社会人になった時に役立つ第二外国語6つをピックアップして解説しました\(^o^)/
この記事に辿り着いたあなたは、第二外国語をなんとなくで選ばず、しっかり情報を集めてから決めようとする計画性のすばらしい方だと思います(*゚▽゚*)
第二外国語の選択で迷っている大学生さんは、ぜひこの記事を最後まで読んでいただいて、どの言語を選ぶのかを決めていただけたら幸いです( ^ω^ )

韓国語

韓国語の特徴

韓国語はハングル文字が特徴的です。
一見日本語の漢字やひらがなに似ているけども、いざ読もうとすると何て書いてあるかが推測しづらく難しく感じますよね( ̄∇ ̄)

ただしお隣の国ということもあり、文法は日本語と似ています(*´∀`*)
実際韓国語は日本人にとっては親しみやすい言語として人気ですね!

韓国語を学ぶのにおすすめな人

韓国語を第二外国語として学ぶ最大のメリットは、
文法が日本語と似ているため、習得が他の言語に比べると簡単ということでしょう♪( ´▽`)
大学生で第二外国語の単位を少しでも効率よく取りたい方には、きっと最適な言語だと思います!

また日本にもK-POPや韓流映画・ドラマが続々と入ってきています。
社会人になってからもこうした韓流作品を楽しめるようになのは、韓国語を学ぶメリットといえるでしょう( ^ω^ )

中国語

中国語の特徴

中国語の最大の特徴は、なんといっても漢字を使うことでしょう。
日本人にとって漢字は馴染みが深いため、文字として書かれていると意味合いが推測しやすいです\(^o^)/

ただ中国語の大変な点は、発音が4声ということ。
同じ漢字でも発音が4種類に分かれており、発音によって意味合いも全く変わってきます( ̄∇ ̄)
第二外国語として学ぶと、最初は聞き取りに苦労するかもしれませんね。

中国語を学ぶのにおすすめな人

中国語を学ぶメリットは、英語の次に話す人口が多い言語なので、将来役立つ可能性が高いという点です\(^o^)/

1位が英語(世界で約15億人)、2位が中国語(世界で約11億人)とこの2つが3位以下を引き離して圧倒的に世界で使われている言語です(*゚▽゚*)
社会人に役立つ言語として、中国語は大変な人気を誇っています!

また中国はITで急成長している国。今後日本も中国の技術をどんどん取り入れていく時代になる可能性が高いです。
そのためITの勉強をしたい方にとっても、中国語を理解しておくことで最先端のIT情報が理解でき、ビジネスに役立つ武器になるでしょう♪( ´▽`)

ドイツ語

ドイツ語の特徴

ドイツ語の最大の特徴は、名詞が男性名詞と女性名詞に分かれているところでしょう( ・∇・)
名詞の前に男性名詞を表す語、女性名詞を表す語をつけます。

それに加えて一般言語には中性名詞が増えることまであります。そのため文法がやや難しいと感じる方が多いでしょう( ;∀;)

しかしローマ字読みが通じるため、日本人にとって発音がしやすいという特徴もあります♪( ´▽`)

ドイツ語を学ぶのにおすすめな人

ドイツ語を第二外国語として学ぶなら、発音がしやすい点は学びやすいところかと思います\(^o^)/

またドイツ語を公用語としている国(ドイツ、オーストリア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルクの一部)は生活水準が日本より高いという特徴もあります。
これはドイツ語を習得すればより経済が動いているところで活動ができる。つまり社会人にとって海外ビジネスがしやすくなるといえますね(*´∀`*)

また個人主義が強いので、一個人がとても尊重されます。
日本の集団主義とは真逆なので、日本の集団主義が合わないと感じている方はドイツの雰囲気が合うかもしれません( ´ ▽ ` )

フランス語

フランス語の特徴

フランス語の特徴として、英語と文法が似ています
そのため、これまで英語が得意だったという方はフランス語も得意と感じる可能性が高いでしょう( ^ω^ )

ただしフランス語には発音面でリエゾン・アンシェヌマン・エリジオンという独自のルールがあり、第二外国語として学ぶ際に発音を難しいと感じる方が多いでしょう( ̄∇ ̄)

フランス語を学ぶのにおすすめな人

先ほども書きましたが、フランス語は英語が得意な人なら習得しやすい点はメリットですね(*´∀`*)

またフランスはファッションの最前線国家のため、世界ファッションの最新情報を手に入れたい人にもおすすめです( ^ω^ )
社会人になってファッション業界で活躍したい方は、フランス語を学んでみる価値は十分ありそうですね。

そしてアフリカの多くの国ではフランス語が使われています
アフリカでのビジネス・生活に興味のある方は、フランス語の習得はメリットが大きいと考えられます( ´ ▽ ` )

スペイン語

スペイン語の特徴

スペイン語はヨーロッパの言語にしては、日本語と似たところも多い言語ですね♪( ´▽`)

語順が自由な点や、記号で疑問文や感嘆文が判別できます。
特別文法や発音でも難関な要素が見られないのは、第二外国語を学ぶことを考えるとありがたいでしょう(*゚▽゚*)

スペイン語を学ぶのにおすすめな人

ヨーロッパ言語の中では文法も理解しやすい方というのが学びやすい点かと思います(*´∀`*)
大学で学ぶだけでなく、社会人になってからでも学びやすい言語でしょう。

またスペイン語は中南米諸国やアメリカ南部でスペイン語は多く使われるため、アメリカや中南米を旅する時にも役立ちます( ・∇・)

ロシア語

ロシア語の特徴

ロシア語の最大の特徴は、キリル文字という独自の文字を使うことですね(=゚ω゚)ノ

一見何が書いてあるかの推測が難しいですが、発音に関してはローマ字読みでも通じるほどシンプルな言語です( ・∇・)

ロシア語を学ぶのにおすすめな人

ローマ字読みでも通じるほど発音は単純な点が、第二外国語として学びやすいメリットでしょう(*´∀`*)

そしてロシア語は東欧や中央アジアでも使われており、意外と幅広く使われている言語です( ^ω^ )

また日本とのつながりが薄いため、ビジネスにおいてはブルーオーシャンかもしれません。
日本語を話せるロシア人に対して、ロシア語を話せる日本人がほとんどいないので、社会人になってロシア語を話せるとむこうでは非常に好感を持たれるようです( ´ ▽ ` )

第二外国語を学ぶうえで、何を重視するか

社会人になってから役立つ第二外国語のおすすめ6つをご紹介しましたが、
結局のところあなたが何を重視するのかで最善の選択肢は変わってきます♪( ´▽`)
なので改めて重視されやすい項目ごとに、おすすめ第二外国語の結論をまとめますね!

簡単な第二外国語

大学で「少しでも簡単・楽に第二外国語の単位を取りたい!」という方には、以下の言語がオススメです♪( ´▽`)

  • 韓国語(日本語と文法が似ている)
  • フランス語(英語が得意な人なら)

将来性のある第二外国語

次に「どうせ大学で第二外国語を学ぶのなら、将来社会人になってから少しでも役に立つ言語を学びたい!」という方には、以下の言語がオススメです(*´∀`*)

  • 中国語(英語に次いで、話す人口が多い)
  • ドイツ語(ビジネス活用させたい人向け)
  • フランス語(ファッション系やアフリカでの生活・仕事に興味がある人向け)
  • スペイン語(アメリカや中南米での生活・仕事に興味がある人向け)
  • ロシア語(少しでも自分の希少価値を高めたい方向け)

大学で楽しく学べる第二外国語

「大学で楽しく第二外国語を学びたい!」という方は大学内での情報を少しでも集めることが重要です( ・∇・)
大学のサークル等に入っている方は、先輩から以下の情報を集めましょう!

  • 授業内容
  • 講義とグループワークの割合
  • 試験はテストなのかレポートなのか
  • その他口コミ

などの情報から、最終的に楽しく学べそうな言語を選べるといいですね\(^o^)/

おわりに

以上「社会人に役立つ第二外国語おすすめ!それぞれの特徴とメリットまとめ」の記事でした!

今回ご紹介した6つの言語は、どれも社会人になってから役に立つことでしょう。
その中でも実際に学ぶ第二外国語選びは、それぞれの言語の特徴をしっかり押さえていただき、
あなたにとって最適な第二外国語の選択をしてもらえたら嬉しいです♪( ´▽`)

当記事は、名古屋市千種区(今池・池下エリア)で大学生・社会人向けに副業サポートのできるコワーキングスペース「コンパスルーム」が運営しているブログサイトです(^^)

主に副業Webライターとして活躍されたい方の支援を行っています。
興味のある方はぜひ1度遊びにいらしてください(*´∀`*)
「コンパスルーム」の詳細はこちら!

また企業様からのライティング案件も募集しております。
詳細はお問い合わせフォームからご連絡ください。

    最後まで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/