キャリア選択

(男性編)就活における服装選びで失敗しない方法(メンズスーツ/ワイシャツ/ネクタイ/靴)

男子大学生でこれから就活を控えているという方へ。
就活において第一印象は非常に重要となりますよね( ・∇・)

その第一印象というのは、心理学において最初の6〜7秒で決まってしまうとのこと。
しかも、目から入る印象が80%、話し方から入る印象が13%、人柄はわずか7%しか伝わらないと言われています。

ということは…
いかに「服装・見た目で印象を良くするかがポイント!」ということですね\(^o^)/
この記事ではそんな第一印象を攻略するポイント「服装選び」について情報をまとめていきます(*´∀`*)

服装選びの基本的な考え方

まず最初に、就活における服装選びで絶対に知っておきたい基本的な考え方をお伝えします(*´∀`*)

それは「第一印象が悪くないこと!」
決してオシャレだと思ってもらうことではないのです( ・∇・)

服装はあくまでも一次審査。ここはマイナスポイントにならなければOK!

そしてありがたいことに服装にいては、
「オシャレだと思うポイントは人それぞれだが、ダサいと思うポイントはほとんどみんな同じ」なのです(*゚▽゚*)

つまり「NGな服装を外しさえすればOK」という、案外シンプルな基準ということです( ^ω^ )

メンズスーツ

まずはじめに全体の最も大きな印象を占めるであろう、スーツ選びにおけるポイントをまとめていきます♪( ´▽`)

スーツは何着あればいい?

基本的には2着あればOKでしょう(*´∀`*)

スーツは「1日着たら、1日休ませる」が原則です。
連日同じスーツを着てしまうと、どうしてもシワや傷みが定着しやすくなってしまうようですね( ̄∇ ̄)

スーツの色は?

基本的には、黒と深めの紺(ネイビー)がオススメですね♪( ´▽`)
多くの就活生さんはこの2色を選んでいます。

先ほどもお伝えしたとおり、就活においては決して目立つ必要はありません。

スーツの柄は?

就活時のスーツなら、柄は無地が無難です。

理由はこれも同じく、柄が入っていると変に目立つため、マイナスな印象を持たれてしまう可能性があるためですね( ̄∇ ̄)

スーツの価格は?

基本的には1万円〜3万円という方が多いようです。
ただこれだけ差があるのは、人によってスーツの使用期間が異なるためです(=゚ω゚)ノ

「就活が終わったらスーツを着ることもなさそうだし、就活の時だけ使えればOK」という方は1万円程度のリーズナブルなものでいいかと思います( ・∇・)

「就職してからもスーツは着るし、長く使っていきたい」という方は3万円程度の少し上質なものを選んでもいいかと思いますね(*´∀`*)

スーツのタイプは?

就活においては、絶対にシングルブレストタイプのものを選びましょう( ^ω^ )

ダブルブレストは一般的に「地位や権力のある人が着る」というしきたり文化があるようです。

ワイシャツ

では次に、スーツの間から目につきやすいワイシャツについて、ポイントを解説していきます( ´ ▽ ` )

ワイシャツは何着あればいい?

就活が毎日続いたとしても、3着程度あれば十分かと思います(*´∀`*)

シャツを2日間続けて着る方はいないと思いますが、シャツもスーツと同様、1日着たら1日以上はしっかり休ませることが大事です\(^o^)/

ワイシャツの色は?

基本的に白の無地が無難といえるでしょう(^^)

「3着とも白はさすがに嫌だな‥」と思う方は、1着は薄めの青(水色)があってもいいかと思います。

襟のタイプはどれを選べばいい?

リクルートスーツに合わせるならば、「レギュラーカラー」か「ワイドカラー」がオススメです(*´∀`*)
この2つは向き不向きがあるので、あなた自身のタイプによって選んでみてください。

レギュラーカラー:就活においては最も標準的なカラー。細身〜標準体型の方はレギュラーカラーがオススメ
ワイドカラー:大柄な方や、首の太い方はワイドカラーがオススメ

ネクタイ

ネクタイもかなり目につきやすいアイテムといえますよね。
ものによって大きく印象が変わるので、目的に応じて使い分けてみてください(*´∀`*)

基本的には「青・紺」「赤・エンジ」「黄」の3パターンがあればいいと思います( ^ω^ )

青・紺

青系の色は、知性や信頼を与える色と言われています。

誠実さをアピールしたい時には青や紺のネクタイを選ぶといいでしょう\(^o^)/

赤・エンジ

赤系の色は、やる気や情熱を与える色と言われています。

自己アピールをしたい時(集団面接など)には効果的な色になりそうです( ´ ▽ ` )

黄色系の色は、社交性を与える色と言われています。

目に止まりやすい色でもあるので、履歴書の写真を撮るときに使ってみても良さそうですね( ・∇・)

最後に、地味に見られがちな靴について。

よく「お金持ちは相手の靴を見る」とも言ったりしますが、それだけ細かいところに気を配れる人かどうかを見ているそう。
例えだったりもあるかもしれませんが、靴まで気を遣えたらベストですね\(^o^)/

では靴選びのポイントを解説していきます!

靴の色は?

就活の際に1番無難なのは、「黒のひも靴」と言われています。

黒は1番種類も多いと思うので、探すうえでは問題なさそうですね( ^ω^ )

靴のデザインは?

就活においては、以下の2種類が一般的です(^^)

プレーントゥ:甲の部分が無地のもの
ストレートチップ:つま先の部分に横一直線のステッチが入っているもの(こちらの写真がストレートチップ)

あとは先の尖った靴を選ぶのは避けておいた方がいいでしょう( ・∇・)

ベルトと靴の合わせ方

これは必ずしもできていなくてもいいと思いますが、
「ベルトと靴の色を合わせる」方が見た目のキレイさにつながるとのこと\(^o^)/

なので靴が黒なら、ベルトも黒いものがいいということですね!

おわりに

以上「(男性編)就活における服装選びで失敗しない方法(メンズスーツ/ワイシャツ/ネクタイ/靴)」の記事でした!

就活するときに悩ましい服装選び。
今回は、「これを選んでおけば印象が悪くなることはないだろう」という観点でオススメをピックアップさせてもらいました(*´∀`*)

この記事を読んでもらって就活の服装選びを押さえていただき、就活生のみなさんが自信を持って面接に臨めることを応援しています\(^o^)/

「そうは言うものの、1人ではどうしたらいいか分からない…( ;∀;)」
という方は、名古屋市千種区(今池・池下エリア)にこうした就活の面接相談に乗ってもらえるコワーキングスペース「コンパスルーム」があります(^^)

こちらに遊びに行くと、

  • 服装の選び方相談に乗ってもらえる
  • 面接前に準備しておけるといいことが分かる
  • 企業の人事担当の人とつながれる

といったメリットがあります!

興味のある方はぜひ一度遊びに行ってみてください(*´∀`*)
「コンパスルーム」の詳細はこちら!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/