学生生活・アルバイト

名古屋で1人暮らしを考える方へ。初期費用を抑えるコツと家賃相場がどのくらいかまとめてみた

大学生や新卒社会人の方は、1人暮らしを考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?( ・∇・)
「名古屋で1人暮らしをしたいけど、日本3大都市の1つだし家賃が高そう‥」
そんな不安の声はよく耳にします。

ですがしっかり希望条件を準備して、賃貸物件を借りる時に知っておきたい最低限の知識さえ持っておけば、
必要最小限の初期費用で済みますし、月々の家賃もそこまで高くありません\(^o^)/

そこで今回の記事では、名古屋市内の大学生や新卒社会人向けに「1人暮らしを始める前に知っておきたい初期費用・家賃相場に関する情報」についてまとめました♪( ´▽`)

家の探し方、初期費用を少しでも抑える方法、生活用品の探し方などすべてご紹介しましたので、ぜひ参考にしていただけたらと思います!

名古屋市内の家賃について

名古屋市内の家賃相場

まず名古屋市内の家賃相場について知っておきましょう。
1人暮らしの方であれば、間取りが1R・1K・1DKあたりの家に住まれる方がほとんどかと思いますので、今回はこの間取りを基準に考えていきたいと思います(*´∀`*)

名古屋市の中心部(名古屋駅・伏見・栄・久屋大通・矢場町)は家賃が月6〜8万円あたりと高めですが、
中心部を除いたエリア・大学周辺のエリア(名古屋市東部・名古屋駅より西側)は家賃が4~6万円と、そこまで家賃相場が高くないです\(^o^)/

そのため名古屋の大学周辺エリアは、生活に便利な場所にしてはお値打ちに住めるエリアとして人気ですね( ´ ▽ ` )
これは名古屋が住みやすいと言われる理由の1つかもしれません。

多少条件を下げれば(ユニットバスなど)、家賃3万円台のところもあります。

適正な家賃とは?

これは目安の1つではあるのですが、家賃は「月手取り額の1/3以内に抑えること」が家計を圧迫しないポイントともいわれています♪( ´▽`)

つまり
仕送りが月70000円
アルバイトで月80000円
の方は、家賃が5万円以内の家に住めば適正範囲内といえるでしょう\(^o^)/

こう考えると、大学生で1人暮らしをする場合、なかなか生活が楽にはならないものですね‥( ̄∇ ̄)

ただし安心していただきたいのは、しっかりと正しい手順で家を探せば、家計を圧迫せず快適な暮らしのできる家は見つかります\(^o^)/
以下にその手順をまとめていきますね!

1人暮らしの物件を探す方法

絶対に譲れない条件を整理する

まずは絶対に譲れない項目
「エリア」「家賃」「共益費」「駅からの距離」「間取り」「築年数」「専有面積」
この中で、妥協できない条件を決めておきましょう♪( ´▽`)

例えば、
「家賃は5万円以内」「駅からの距離は徒歩10分以内」は譲れないが、
「部屋が多少狭い分には問題ないかな‥」など、
譲れない項目と妥協できる項目を整理するのです(*´∀`*)

この作業をしておくことで、物件の満足度が大きく変わります!

ネットで気に入る物件を探す

希望条件が整理できたら、ネットの賃貸不動産仲介サイトで希望条件を入力し、
物件を探してみましょう( ^ω^ )

ネット検索だと、直接仲介業者を訪ねるよりも多くの物件情報が見れるのでオススメです!

いくつかのサイトをみながら、気になる物件をリストアップしていきます( ´ ▽ ` )

内覧して、見積書をもらう

気になった物件は必ず内覧に行くことをオススメします( ・∇・)
その理由は、実際に中を見ることで「イメージが変わった」ということはよくあるからです。

そして「もし契約する場合の費用見積り」を出してもらってください( ^ω^ )
ちなみに見積りの出し方で、ある程度良心的な仲介業者かどうかの判断もできます。笑

1番対応の良かった業者、1番住みたい物件を選ぶ

ここがポイントで、対応の良かった業者の1位と住みたい物件1位を別々に出すことがポイントです。

というのも、賃貸物件の情報は不動産業者間で共有されているため、
「特定の業者しか取り扱えない物件」というのは逆にレアなのです(=゚ω゚)ノ

となると、どの業者でも取り扱える物件ならば、対応の良い仲介業者さんから契約したいですよね( ^ω^ )

1番対応の良かった業者に、1番住みたい物件の見積もり依頼を頼む

タイトル通り、1番信頼できそうな仲介業者に1番住みたい物件の情報を提示します。

他社で紹介してもらった場合でも、「他社さんから紹介してもらったところなんですけど、ここが気に入っています」
と伝えれば、見積りを出してもらえるケースがほとんどですので安心してくださいね(*´∀`*)

物件の初期費用について知っておきたいこと

では次に、物件の初期費用を抑える方法について情報をまとめていきます♪( ´▽`)

ここで気をつけていただきたいのは、
物件の初期費用は悪徳な業者に当たってしまうと、素人相手だと思って費用をボッタクってくる可能性があります。

ですが以下にご紹介するポイントを押さえていただけたら大丈夫です( ´ ▽ ` )

初期費用として必ずかかる項目

敷金(保証金)

敷金とは、「借主が部屋を汚したり損傷させた時の修繕費用として、貸主が事前に預かるお金」になります。

敷金は修繕費用が使われなかった場合は返金するのが一般的ですので、これは支払いが必要ですね( ・∇・)

家賃1か月分

最初に家賃の1か月分はまとめて支払いが必要になります。

ここは事務手続き上、必ずと言っていいほど発生します。

仲介手数料

不動産仲介業者もビジネスとして紹介業をやっています。
つまりそこの仲介業者を介して物件を決めている以上、一定の金額分は仲介手数料の支払いが必要です(=゚ω゚)ノ

ただし請求していい目安は家賃の0.5か月分まで!
知らないのをいいことに、家賃の1〜2か月分の仲介手数料を請求をしてくる業者がいますのでご注意ください( ・∇・)

保証委託料

賃貸物件を借りる時には、もしみなさんが家賃の支払いを滞納してしまった場合に、保証会社が大家さんに立て替えをしてくれる制度があるのです。

保証委託料は、その保証会社との契約にかかるお金です。
これは不動産業界のルールですので、ある種仕方がないことかもしれません。

ただしこの費用も家賃の50〜80%が目安となります。
上乗せされての請求がないかご確認ください(^^)

火災保険

火災保険も加入が義務になります。

ただし加入しなければいけない項目は「借家人賠償責任」の部分のみ!

他の補償については自由なので、注意しておきましょう。
もし年間で1万円以上の金額が請求された場合は、不要な補償も付けられている可能性が高いです( ̄∇ ̄)

家具・家電・生活用品

家を決めた後にも、家具・家電・生活用品を揃えることが必要になってきます。

じゃあ「どこで揃えたらいいか?」について、状況別にまとめました。
ご自身に合う場所から調達していただけたらと思います\(^o^)/

ネットショップ

値段だけでみるなら、メルカリ・ジモティーが最強ですね\(^o^)/

ただ実際の品を直接見られないため、そこが不安な方は避けた方が無難といえます。

故障・修理の保証は付いていないことが多いので、そこも理解が必要です。

リサイクルショップ

中古でも良い、かつ直接商品を見て買いたいという方なら、リサイクルショップがベストです♪( ´▽`)

また大型のリサイクルショップなら、家具家電から調理器具や食器まで全て揃うので、
1軒ですべての生活用品が揃うのもありがたいですね\(^o^)/

家具・家電量販店

新品にこだわるなら、家具・家電量販店一択といえるでしょう。
上手く交渉ができれば、良質なものがコスパよく手に入る点が魅力ですね(*´∀`*)

ただし基本的に価格は高め。
そしてWi-Fiルーターなど、何か別のものまで営業されることもあるので注意が必要です(=゚ω゚)ノ

おわりに

以上「名古屋で1人暮らしを考える方へ。初期費用を抑えるコツと家賃相場がどのくらいかまとめてみた」の記事でした!

いろいろと情報を書いてきましたが、
結論をまとめると

物件にかかる費用(家賃5万円程度の物件を想定):約20万円ほど
家具・家電・生活用品(新品で揃えた場合を想定):約30万円ほど
一般的には計50万円程度がかかると考えられるでしょう。

また「これから名古屋市内で1人暮らしをしたいが、1人で決めるのはいろいろと分からないことが多くて心配‥( ;∀;)」
という方には、これら賃貸物件を借りる際の相談に乗ってもらえるコワーキングスペース「コンパスルーム」が名古屋の今池・池下(千種区)にあります( ´ ▽ ` )

こちらに遊びに行くと、

  • 賃貸物件探しをお手伝いしてもらえる
  • 不動産会社にボッタクられないための、初期費用見積相談に乗ってもらえる
  • 良心的な不動産仲介業者・リサイクルショップを紹介してもらえる

といったメリットがあります!

興味のある方はぜひ1度遊びに行ってみてください(*´∀`*)
「コンパスルーム」の詳細はこちら!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました\(^o^)/